ED治療薬情報まとめサイト

ED治療薬の購入方法

病院で購入

日本でのED治療薬の取扱いは処方箋医薬品となっております。

そのため、薬局やドラッグストアの棚に並んでいる一般医薬品とは異なり、病院の医師による処方が必要なお薬となります。

病院での処方薬は一般的には健康保険適用となり、3割負担や2割負担などとなりますが、ED治療薬は保険適用となるための薬価基準に未収載となるため保険適用外のお薬となります。

自由診療となるため、病院ごとに薬価代が違ってきます。

薬代だけではなく、診察代も自由診療となり、病院への交通費なども含めると結構な出費となってしまいます。

診察方法も病院ごとに違ったりもしますので、できるだけインターネットなどで情報を公開している病院を選ぶことが思わぬ出費にならないと思います。

海外品を購入

日本では処方箋医薬品の扱いとなるED治療薬ですが、海外品を個人輸入することは可能です。

当たり前のことですが、購入には自分で使用することが前提となり、家族や友人に譲渡したり、または転売などをすると違法となります。

海外サイトから購入することも可能ですが、現地の言葉の理解力が必要となりますので、海外品の個人輸入代理サイトを使用することがよいでしょう。

日本語で日本の商慣習で行うことができ、楽天やアマゾンの通販などと同じように購入することが可能です。

海外品のため輸入に2週間ほどかかるため前もって購入することが必要です。

以前は偽物が横行しておりましたが、現在では正規保障をしたり、メールでの問い合わせができたりなど安心なサイトが増えてきております。

個人輸入する前に

ED治療薬をいきなり個人輸入する前に必ず自分の体調の確認をおこないましょう。

ED治療薬には処方できない方や併用禁忌薬などがあります。

何かしら治療中の方や通院されている方は必ず医師に相談をしてから服用するようにしましょう。

EDの根治には併発する病気の改善が必要です。

そのためED治療薬の使用は長期的になる場合が多く、1回の薬剤が高いED治療薬には経済的に負担となります。

そのため一度病院で診察をしてもらい、今後の経済的負担を軽減させたいときに個人輸入で安く購入することがよいのではないでしょうか?

ページのトップへ戻る