ED治療薬情報まとめサイト

バイアグラ、レビトラ、シアリスのジェネリック

日本で認可されているのは

現在日本ではバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類のED治療薬が認可されており、ステンドラが未だ未認可のED治療薬です。

その中でジェネリック医薬品として日本で製造・販売されているのがバイアグラジェネリックとなります。

通常、新薬として登場する薬剤には特許が認められており、その特許期間の間は独占して製造・販売をすることができます。

特許期間はおよそ20年となっており、その期間で開発に掛かった費用を製薬会社が回収することとなります。

ジェネリック医薬品の登場はその新薬の特許が切れた後となるためなかなか世に出てこないのが実情です。

バイアグラの日本での特許は2014年に切れたため日本の製薬会社もこぞってジェネリック医薬品を製造・販売しております。

レビトラやシアリスも今後、日本製のジェネリック医薬品が登場することになるでしょう。

世界のジェネリック

世界に目を向けてみると、バイアグラジェネリックはもとより、レビトラジェネリック、シアリスジェネリックだけではなく、ステンドラジェネリックも登場しております。

それは世界の国では日本と違う特許であるため、いち早く各ジェネリックとして登場しているのです。

特にインドでは世界基準の特許と違うため、ED治療薬だけではなく様々なジェネリック医薬品が存在します。

インドでは薬剤の成分特許を認めていないため、製造方法が違えば同じ有効成分を使用して薬剤を製造・販売をすることができるのです。

そのため、ED治療薬のジェネリック医薬品のほとんどはインドの製薬会社が製造・販売をしております。

ジェネリック医薬品の特徴とは

ジェネリック医薬品の特徴の一番が、薬剤の価格が安いことだと思います。

新薬よりも開発に掛かるコストがかからないため、その分薬剤代に影響します。

これは、患者さんにとってとてもありがたいことだと思います。

その他、製造方法が違うため錠剤だけではなく、水なしで服用できるゼリータイプやトローチタイプなどバリエーションが豊富なのも特徴となります。

また日本では認可されていない含量の薬剤もあります。

含量が多くなるほど作用効果が強くなるため、今までの治療薬では満足できなかった方や、あえて含量の多い薬剤を購入し、使用時は錠剤をピルカッターなどで割って含量を調節して服用し、コストパフォーマンスを上げたい方などにはとても有用となります。

ページのトップへ戻る