ED治療薬情報まとめサイト

レビトラの効果や副作用

2番目のED治療薬

バイアグラに次いで登場したのがレビトラです。アスピリンで有名はドイツのバイエル薬品社が開発したED治療薬で、日本には2004年に認可され発売を開始しました。

バイアグラ発売から遅れて5年後のことであり、レビトラの発売元であるバイエル薬品社はポスターやCMなどで有名俳優を使用しEDの啓もう活動を積極的に行いました。

それによりED自体の認知度がより高くなり、生活改善薬として日本にも根付き始めてきました。

レビトラはバイアグラの弱点であった食事の影響を受けにくいため、現在ではバイアグラよりも使用されている方が多くなっております。

レビトラの効果

レビトラの有効成分はバルデナフィルと呼ばれる物質です。

バイアグラのシルデナフィルと同じ作用機序となり、PDE5を阻害しペニス周辺の血管を拡張し血流を上げることで勃起を促します。

水に溶けやすい性質を持つため即効性のあるED治療薬で、服用後30分ほどで効果を発揮します。

5時間~10時間ほど効果を持続するので性行為を行うには十分な時間を作ることができます。

レビトラはバイアグラと似た効果となりますが食事の影響を受けにくいため、あっさりとした食事ならば服用前に食事をしても効果を発揮しやすくなっており、バイアグラよりも使い勝手が良いのが特徴です。

レビトラには「5㎎」「10㎎」「20㎎」となっており、バイアグラ「50㎎」で効果が弱いと感じる方がレビトラ「20㎎」を使用することが多いようです。

また、レビトラには早漏を改善させる効果もあるようなので、EDで早漏の方はレビトラを使用する方も多いとのことです。

レビトラの注意点

レビトラも他のED治療薬と同様に服用回数は1日1回までとなっており、連続服用には注意が必要です。

また副作用が感じやすいこともあり、顔のほてりや目の充血、動悸、頭痛などの症状を起こりやくなっております。

しかし、この副作用はED治療薬にはほとんどの人が感じることであり、逆に言えば、顔のほてりなどを感じたら効果があらわれた合図だと思って服用している方もおられます。

強く感じた場合などは他のED治療薬に変更するなど医師に相談しても良いと思います。

レビトラにも併用禁忌薬があります。硝酸剤や抗真菌薬などバイアグラより多く存在するため、レビトラを服用する際にお薬を使用されている方は医師に相談してから服用するようにしましょう。

ページのトップへ戻る