ED治療薬情報まとめサイト

ステンドラの効果や副作用

日本未認可のED治療薬

第4のED治療薬として現在一番新しいED治療薬がこのステンドラです。

ステンドラはアメリカ食品医薬品局(FDA)に認可され発売を開始したのが2012年であり、日本ではまだ認可されていないED治療薬です。

有効成分はアバナフィルという物質で他のED治療薬と同様にPDE5阻害薬となっております。

アメリカのヴィブス社が製造・販売を行うステンドラですがもともと開発をスタートさせたのは日本の田辺三菱製薬社であり、 2001年に販売権を譲渡したことでヴィブス社からの発売となりました。

ステンドラの効果

ステンドラはPDE5阻害薬となるため他のED治療薬と同じ作用機序となります。

ペニス周辺の血管を拡張させ血流を促進し勃起を誘います。

有効成分のアバナフィルは一番の即効性を持つと言われており、最も薬剤の効果がある最大血中濃度のピークが30分~45分でレビトラの30分~60分を上回る速さとなっております。

作用時間はバイアグラやレビトラとほぼ同じとなっており5時間前後となっております。

ステンドラの含量が「50㎎」「100㎎」「200㎎」となっており、数字が大きいほど強く作用します。

1日の最大含量は「200㎎」までとなっており、他のED治療薬より数字自体が高いため、レビトラやシアリスなども使用する方には数値の違いに注意して服用しましょう。

食事の影響も受けにくいとされていますので、他のED治療薬では満足できなかった方は一度試されてみるのもよいと思います。

ステンドラの注意点

ステンドラはED治療薬の中では一番併用禁忌薬が多いため、病中の方やお薬を服用されている方は注意が必要です。

必ず医師に相談してから服用するようにしまよう。

主な併用禁忌薬は硝酸剤のほか、抗真菌薬、HIV治療薬、抗生剤なども併用禁忌薬となっております。

副作用としては頭痛、鼻づまり、ほてり、腹痛などほかのED治療薬とあまり大差がないように感じます。

シアリスのような他のED治療薬と大きな違いがないため、日本での認可もまだまだ先になる感じがしますが、 副作用や使用感は人によって異なるため、今までのED治療薬では満足できない方などは試されてみるのもよいでしょう。

ページのトップへ戻る