ED治療薬情報まとめサイト

バイアグラの効果や副作用

ED治療薬を認知させたお薬バイアグラ

ED治療薬を初めて世界に広めたのがバイアグラです。1998年にアメリカのファイザー社が発売を開始し、今までなかったED治療薬というカテゴリーをつくったことで「夢の薬」と言われました。

瞬く間に世界中に広がり、日本でも翌年の1999年に認可を受け発売を開始しました。

もともとは狭心症の治療として開発を進めてきたバイアグラですが、治験時に勃起を促進させる効果があることがわかりED治療薬として開発を進めることとなりました。

バイアグラの成分はED治療薬の他、肺動脈性高血圧症のお薬として「レバチオ」という名称で使用もされています。

日本での特許が2014年に切れたことから、日本の製薬会社によるバイアグラジェネリックの発売も開始されております。

バイアグラの効果

バイアグラの有効成分はシルデナフィルとよばれる物質で勃起抑制酵素であるPDE5を阻害しペニス周辺の血管を拡張させ血液量を増加させることで勃起を促す効果があります。

シルデナフィルの含量により「25㎎」「50㎎」「100㎎」と種類があり、含量が多いほど作用効果は強くあらわれます。

日本で認可されているのは「25㎎」「50㎎」の2種類となっており、世界的に認可されている「100㎎」は認可されておりません。

服用後、30分~1時間で効果を発揮する即効性のあるED治療薬でおよそ5時間~10時間ほど効果を持続します。

しかし、1日に服用できる回数は1回までで、次回までの服用には24時間以上空けることが望ましいとされております。

バイアグラの注意点

バイアグラの服用には注意点があります。

まずは食事の影響を受けやすいことから、服用時には空腹でないと効果を発揮できません。

それは、バイアグラの有効成分が脂質に弱い性質があるためで、そのため体内に胃や腸に脂肪分が残っていると体内に吸収されずそのまま体外へ排出されてしまうからです。

効果を発揮したら食事をしても問題ありませんのでそれまでは空腹でいることが必要です。

副作用として、お酒を飲んだときのようなほてりや目の充血、頭痛、動悸などがあり、これは血管が拡張されることによって起こることで、効果が切れると副作用も収まります。

頭痛がひどいときは市販の頭痛薬を服用しても大丈夫のようです。

また、この血管拡張作用により同じ作用効果のある硝酸剤などは併用禁忌薬となっております。

もし、副作用が長く感じた場合や何かしら治療中でお薬を使用されている方は必ず医師に相談してから服用するようにしましょう。

ページのトップへ戻る